人工喉頭「Voice Retriever」の開発プロジェクト参加②

新型の人工喉頭「Voice Retriever」の改良版が手元に届きました。
それを使って今回はシャ乱Qの『シングルベッド』を歌ってみました。
ヴォーカリストが声を失う、そして時間をかけて受け入れて生きていく。
とてもセンシティブな内容なので発信することを躊躇してました。
しかし僕はシャ乱Qを聴いて育った一人のミュージシャンであり立場は大きく違えど同じヴォーカリストです。
信念を持って作ったのでご一聴下さい。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク